高橋ミカ公式ミッシーリスト / 基礎化粧品・青汁・ダイエットサプリ・腹巻き・健康食品の通販

SAVOIR

敏感なデリケートゾーンを正しく洗う方法とは?

「ボディソープで洗っている」「特に気にしていない」「石鹸で軽く」など、それぞれさまざまな方法でデリケートゾーンを洗浄しているはず。 しかし、年齢を重ねるごとに乾燥しやすくなり、皮膚は非常にデリケート。 「女性器の皮膚はとても薄く、繊細。潤っている印象のパーツではありますが、正しく洗浄しないと潤いを奪って、結果、硬くなってしまいます」と語るのは、女性のボディやフェイシャルケアのみならず、フェミニンケアの重要性も謳うエステティシャンの高橋ミカ。 ボディ用のソープで洗えば潤いを奪ってしまい、特にケアしていなければ複雑な部分ゆえ垢や汚れはたまりやすい。「清潔に保たないと匂いや蒸れの原因にも」(高橋ミカ) そこで必須となるのが“潤いを保ちながら優しく洗浄”してくれるアイテム──フェミニンケアに特化した「サヴォア」から登場するリキッドソープが、そのお悩みを解決します。

こんな洗い方は危険!

  • ★身体と一緒にボディソープで洗う。
  • ★ボディタオルでゴシゴシと摩擦。
  • ★水洗いだけで簡単に済ます。

こんな人は要注意!

  • ★デリケートゾーンがくすんで※きた。 ※乾燥による
  • ★最近年齢を感じるようになってきた。
  • ★以前よりも潤いが不足している気がする。
  • ★触れた時にごわつきを感じる。
  • ★以前よりも、蒸れやすくい。

SAVOIR

女性はいつだって、デリケート。ちょっとした刺激や環境の変化で、思わぬダメージを受けやすい。とくに、敏感で繊細なデリケートゾーンそこ、気を使っていたわっていきたい。 そんな経緯で誕生したのが、現代女性のフェミニニティをサポートする「サヴォア」。 潤いをキープするリキッドソープが、あなたのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を充実させます。

「これまで、数え切れないほどの女性のボディ、肌をケアしてきましたが、デリケートゾーンへの関心の薄さに疑問を抱いてきて。正しく洗い、正しく保湿することの重要性を提唱されるシーンは多くなってきましたが、『何を使えばいいわからない』という声を聞き、『サヴォア』をローンチしました」(高橋ミカ)

仏語で“SAVOIR(サヴォア)“は、“知っている”という意味。セルフケアの必然性を“知ってほしい”という願いが込められています。「正しくケアをしないと、デリケートゾーンは乾いていく。潤いを保つべき部分にも関わらず、ボディソープの使用で潤いが奪われています。『フェミニンソープ』は素肌に優しい植物由来の美容成分配合で、かつ、オイルを含むしっとりしたテクスチャー。洗浄することで潤いも実感できる仕様になっています」と、高橋ミカ。

この「フェミニンソープ」はリキッドタイプ。きめ細かく柔らかな泡が、デリケートゾーンを包み込みます。肌荒れを防止する効果に期待できるゼラニウム油や保湿を後押しするハチミツ、肌トラブルを緩和させるトウキンセンカ花エキスなどを配合し、洗浄アイテムでありながらも、効果的にデリケートゾーンをいたわります。「このソープで洗うと、潤いが保たれ、もっちりとした質感に。石鹸で洗った時のようなつっぱり感とは無縁。洗浄後に、『デリケートオイル』でさらに潤いの膜を作ることで、しっとりとしたデリケートゾーンを期待できるはずです」(高橋ミカ)

潤いを保つデリケートゾーンのケアを、
医師の観点もまじえて解説!

なぜボディソープで洗ってはいけないのですか? 全く洗わないのはNG?

高橋ミカ:デリケートゾーンは蒸れやすく、皮脂やおりものなどが蓄積し汚れが溜まりやすい部分ですよね。

医師・古山恵理さん:肌は常在菌の働きで弱酸性になっていますが、アルカリ性の強いボディソープを使うと常在菌のバランスが崩れてバリア機能が低下することもあります。また、洗浄力の強すぎるソープで洗うだけだと乾燥してしまっていることも。

高橋ミカ:20代の頃、ボディソープでデリケートゾーンがかゆくなった経験があります。きっとバリア機能を奪っていたのですね。

デリケートゾーンの洗浄と保湿はなぜ大事ですか?

医師・古山恵理さん:デリケートゾーンも顔や体、頭皮と同じ1枚の皮膚。ケアをしなければ、エイジングなどの影響で、当然コンディションはゆるぎやすくなります。

高橋ミカ:そうですね。女性は、加齢や出産などで女性器やデリケートゾーンへの負担もかかる。

医師・古山恵理さん:尿漏れをはじめ、膣や子宮が緩む事による子宮下垂や子宮脱などさまざまな症状が出てきます。またVIO脱毛で清潔になったり蒸れにくくなったりニキビができにくくなったりメリットのある一方で、乾燥や血流の低下による冷えを自覚する方も。

高橋ミカ:脱毛後の肌はダメージを受けてるので、保湿ケアはマストです。しかし目に見えるトラブルではないので、軽視されがちですよね。

医師・古山恵理さん:医療機関には膣をふっくらさせるためのレーザーなどもありますが、効果を長続きするためにはその後のケアも影響すると考えられます。

デリケートゾーンのケアとくすみが気になりますが、ケアで変わることはありますか?

医師・古山恵理さん:もちろんです!

高橋ミカ:私もそう思います。妊娠を機にデリケートゾーンをいたわるようになり、実際、セルフケアを重ねることでくすみ ※乾燥による や潤いバランスはかなり改善しています。

医師・古山恵理さん:まずは、デリケートゾーンと向き合うことが大切ですね。

使い方を教えてください。

高橋ミカ:「フェミニンソープ」1〜2プッシュ手に取り、手の平でなじませると少し泡立ちます。そして、デリケートゾーンの表面に塗布して、優しく撫でるように洗う。膣内は粘膜があり自己洗浄能力があるので、内側まで過剰に洗う必要はありません。洗い流す際は、熱くもなく冷たくもない水温で。潤いを奪わずに、ソープを洗い流すことができます。仕上げには、「デリケートオイル」を塗布し、もっちりとしたデリケートゾーンを実感してください。

「フェミニンソープ」で期待できる効果

  • 蒸れによる匂いも元となる汚れをとる。
  • 乾きにくくなり、しっとりとした状態に。
  • デリケートゾーンの肌を美しく保つ。
  • くすみ ※乾燥によるにくい肌環境へと導く。
  • 蒸れによる匂いも元となる汚れをとる!。
  • 乾きにくくなり、しっとりとした状態に。
  • デリケートゾーンの肌を美しく保つ。
  • くすみ ※乾燥によるにくい肌環境へと導く。

SAVOIR / FEMININE SOAP サヴォア / フェミニンソープ

SAVOIR / FEMININE SOAP サヴォア / フェミニンソープ 商品画像

エステティシャン・高橋ミカがプロデュースの、デリケートゾーン用リキッドソープ。
数種の植物由来成分をバランス良く配合し、保湿に効果を発揮する成分も多数。
ただ洗浄するだけではなく、しっとりとした肌に仕上がる、新しいアプローチのフェミニンケア。

容量:80ml
全成分:水、グリセリン、PEG-150、プロパンジオール、ハチミツ、尿素、カニナバラ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、レモン果実エキス、ニオイテンジクアオイ油、ココイルサルコシンNa、デシルグルコシド、BG、乳酸、EDTA-2Na、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀、フェノキシエタノール、安息香酸Na
商品名:
SAVOIR / FEMININE SOAP サヴォア / フェミニンソープ
商品コード:
1126
価格(税込)
¥2,916
ポイント:
54 Pt