美容向上委員会トップへ

気になる毛穴汚れ&開き!その原因と対策は?!

2015/01/27


角質と角栓ってどう違うの?

角質は、ホコリや汚れなどから肌を守るバリアのような物。

肌はターンオーバーによって細胞が絶えず入れ替わっています。
角質はバリア機能を終えると自然と剥がれ落ちてくれます。

ところが、ターンオーバーが上手く行われていない状態だと、
角質がいつまでも肌に留まってしまいます...

角栓とは、肌に留まってしまった角質と皮脂が混じり合い
毛穴に詰まってしまった栓のこと。

この角栓が毛穴を塞いで詰まらせてしまう原因です。

この角栓を取り除けば毛穴の汚れは無くなります...が、
取り除く方法を間違えると
毛穴の開きなど肌トラブルを引き起こしてしまいます。

やってはいけないけれど、やってしまいがちな毛穴ケア

『角質を落としすぎる』

角質を吸着して落とすタイプのピーリングは、週1~2回が目安です。

肌のざらつきが感じられなくなる為、
ついつい毎日...なんて事も多いのでは?

しかし、毎日行うとターンオーバーの方が間に合わず
肌に負担がかかり、炎症を起こしてしまうことも!!

このタイプの角質除去の後は、肌が無防備になり
乾燥しがちなので、最後に普段よりもしっかりと保湿する事も忘れずに。


『はがしすぎ毛穴ケア』

バリっとはがすタイプのパックでありがちな事ですね。

びっしり角栓が取れているのが見えるので、とても気持ちいいのですが、
コレは毛穴に開きグセをつけているようなもの...

パック後に、毛穴引き締めタイプの化粧水やパック等で
フォローしてあげる事が大切ですね。

『引っ張ったり押し出したり』

これが一番危険!!

毛抜きで引っ張ったり、爪で押し出すと
毛穴の周りの皮膚を傷つけてしまいます。

その傷が内出血や、色素沈着になることも...

その上、毛穴はどんどん広がり角栓が詰まりやすくなってしまいます。

『一番やってはいけない事』

毛穴だけに限らずですが、メイクを落とさず寝てしまう。

どんなに正しいスキンケア・毛穴対策も全て無意味...どころかマイナスです。

毛穴の黒ずみの原因にもなりますし、
何より肌荒れを引き起こしてしまいます。

どうすれば角栓を落とせるのか

『肌を傷めない角栓除去』

ポイントは、自然と毛穴を開かせてからの丁寧な洗顔。

蒸しタオルで顔を温めたり、入浴後など、
ライフスタイルに合わせた方法を選べば良いですね。

毛穴をしっかり開かせた後は
無理矢理、毛穴の汚れをかき出すのではなく
泡で洗顔をしてください。

細かく、しっかりとした泡は
こすらずとも毛穴の汚れを優しくかき出してくれます。

泡でならお肌を傷つけずに済むので
無駄な毛穴の開きを防ぐこともできます。

ピーリングでの角栓除去は、肌全体ではなく
指先で触ってみてザラついている所をメインに。

その際もゴシゴシとこするのではなく、優しくマッサージをする感覚で。

洗顔やピーリングを行ったあとは
化粧水や美容液、シートマスクなどで肌にしっかり水分・栄養を与え、
保湿力の高いクリームオイルで潤いを閉じ込める事も忘れずに。

デイリーケアとして気負わずに組み込めるので、
日々のケアに取り入れて、キメ細やかで潤いのある肌を目指しましょう。

この記事を読んだ人はこんな商品を見ています

エムズコスメ ニューピュアフコイダンソープ.jpg

エムズコスメ ニューピュアフコイダンソープ

ニューピュアフコイダンシリーズの褐藻エキス(フコイダン)配合の洗顔石鹸!!
フコイダンだけでなく卵殻膜エキス・ヒアルロン酸と美容成分を贅沢に配合。
濃密弾力泡で肌ストレスのない洗顔を!

  • 詳細を見る
BE-MAX PROFESSIONAL Ridulisse Peelin-gel.jpg

BE-MAX PROFESSIONAL Ridulisse Peelin-gel

やわらかいジェルがお肌にすっと伸び、軽くマッサージするだけでお肌を傷つけることなく古い角質をスッキリ落とします。肌に透明感まで! お顔だけでなくボディーにもご使用いただけます。

  • 詳細を見る
エムズコスメ ニューピュアフコイダン美容液.jpg

【乾燥肌対策なら】エムズコスメ ニューピュアフコイダン美容液

褐藻エキス(フコイダン)を98.5%以上も配合の高濃度原液美容液。

フコイダンの本来の肌へ導く力をあなたのお肌で実感してください。

  • 詳細を見る


カテゴリ| 20代30代40代50代むくみダイエットマタニティ温活

カテゴリ一覧

  • スキンケア
  • ダイエット
  • 年代別
  • 肌タイプ
  • マタニティ
  • 高橋ミカ美容法
  • プロフェッショナル対談

人気ブランド

  • モバイル専用サイト
  • キレイをつくる髙橋ミカのプライベートサロン:ミッシィボーテ