美容向上委員会トップへ

温活で血めぐりアップ!3つの温活術

2015/11/27


『血めぐり』とは、"血液の循環"と"新陳代謝"を合わせたことの総称です。

 

血液には、2つの役割があります。

 

①血液循環・・・酸素や栄養分を全身に運ぶ働き

 

②新陳代謝・・・老廃物などの疲労物質などを回収する働き

 

この『血めぐり』が悪くなると、
冷えや肩こり、腰痛、胃腸の不調、肌荒れなどといった
さまざまな不調を引き起こします。

 

こういった体調不良の症状の根っこにある『血めぐり』から意識し、
普段の生活に温活を取り入れてながら健康的な
めぐる身体づくりを目指しましょう。

 

血めぐり不良が引き起こす症状例

 

<身体の不調>

 

・頭痛
・疲れやだるさ
・肩こり
・腰痛
・食欲不振
・むくみ

 

<肌の不調>

 

シミやシワ
・ニキビ
・クマ
肌荒れ
・くすみ
乾燥

 

 

※※すべての症状に血めぐりが直接関係しているとは限りません。

 

 

血めぐりをよくする
「身体を温める食べ物をとる」「軽い運動をする」「身体を外から温める」の
この3つの温活術を実践しましょう。

 

 

温活その1 <身体を温める食べ物をとる>

 

普段の生活で、身体を冷やす食べ物は極力控えめにして、
「温性」の食品を多めに摂取するようにしましょう。

 

しょうがは、胃液の分泌を促して整腸作用や肝臓の働きを
保護してくれるのでおすすめです。
また、この季節、旬である「かぼちゃ」も胃腸におすすめです。

 

 

温活その2 <軽い運動をする>

 

1日の熱エネルギーの約6割は、運動による筋肉で生み出されています。
ウォーキングや簡単なストレッチなど、血めぐりアップに効果的ですので
少しずつでもいいので毎日行うようにしましょう。

 

温活その3 <身体を外から温める>

 

・蒸気熱で温める
 身体を外側から温める時は、ホッカイロといった乾いた熱よりも
 蒸気(スチーム)を含んだ温熱がおすすめです。

 

 蒸気を含んだじんわりとした温熱は、より熱を深く広く伝えるので、
 血めぐりアップに効果的です。

 

 ホットタオルを首の後ろにあてるのもオススメですよ。

 

・40度前後で温める
 40度前後の心地よい温度で身体を温めると、身体の快適センサーが
 ONになり、リラックスできるので、血めぐりもアップします。

 

 

*温めのポイント*
 身体には温め効果の高いポイント(温めポイント)がいくつかあり、
 そこをしっかり温めることで、効率よく全身に血液をめぐらせることができます。

 ・肩や首元
 ・二の腕の裏側
 ・お腹や腰周り
 ・膝の裏や太もも

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな商品を見ています

シルク腹巻.jpg

シルク腹巻

シルク×コットンにより保湿性・保温性・吸湿性・吸水性・速乾性に優れているので
冬だけでなく1年通して着用していただけます。伸縮性がとてもあるので妊婦さんにも大人気!

  • 詳細を見る
シルク靴下商品画像.jpg

シルク靴下・五本指靴下

足裏にはさまざまな反射区があります。その足裏を暖める事により、「保湿」「保温」「解毒作用」のあるシルクの靴下を履く事によってムクミを効果的に軽減させます。

  • 詳細を見る
エムズコスメ ニューピュアフコイダンお試しセット.jpg

【乾燥肌対策なら】エムズコスメ ニューピュアフコイダンお試しセット

うるおいを満たして、閉じ込める。本来の肌へ導く、フコイダンの原液美容。
まずは、7日間お試しください。

  • 詳細を見る

 

カテゴリ| 20代30代40代50代むくみダイエットマタニティ温活

カテゴリ一覧

  • スキンケア
  • ダイエット
  • 年代別
  • 肌タイプ
  • マタニティ
  • 高橋ミカ美容法
  • プロフェッショナル対談

人気ブランド

  • モバイル専用サイト
  • キレイをつくる髙橋ミカのプライベートサロン:ミッシィボーテ