美容向上委員会トップへ

【冬の乾燥肌】基本スキンケアで保湿・保護しましょう

2015/11/20


一年の中で空気がもっとも乾燥するのが11月~3月です。
そうです、もう乾燥は始まっています。

 

冬の乾燥肌トラブルは、気温と湿度の低下によって引き起こされます。
気温も湿度も低下してくるこの季節は、皮脂の分泌量が低下し、
水分の蒸散量は急速に増加します。

 

この季節の乾燥肌対策は、
肌に十分に水分を浸透させ、油分で薄くベールを作る保湿と保護が必要です。

 

 

クリームを取る手.jpg

 

 

なぜ、冬の肌は乾燥しやすいのか?

 

その理由は、肌の新陳代謝が低下することにあります。

 

原因は、末梢血流の低下です。


夏は体を冷やすために、全身に血流を巡らせて、
汗をかいて体内の熱を放出しようとします。
しかし、冬は気温の低下に伴って体温が下がり続けてしまうと、
人は凍死してしまいます。そこで、体温が奪われるのを防ごうとして
血管を収縮させて体内のエネルギーを燃やしながら
体温を維持しようとします。

 

皮膚の表面や手足の末端部分は、血管の収縮により血流が悪くなります。
その結果、皮膚には十分な栄養が行き届かず、肌細胞の新陳代謝が落ちるのです。

 

肌細胞の新陳代謝が落ちると、

 

ターンオーバーのリズムも乱れがちになってしまいます。

 

冬は、血行不良が原因で皮脂の生成、分泌量も少なくなりますので、
ますます肌のバリア力が低下します。

 

 

 

 

冬の乾燥肌を加速させる「紫外線」

 

夏と比べて、それほど日差しが強くなかったり
気温が下がっているせいで日光浴が心地よかったりと
夏よりも紫外線対策がおろそかになってしまう冬。

 

油断してついつい紫外線を浴びすぎてしまうと、
肌のバリア機能が低下し、保水力がなくなってしまいます。

 

 

 

コットン保湿.jpg

 

 

気温も湿度も低下して乾燥する冬こそ、
スキンケアの基本を見直しましょう

 

冬はどうしてもクリームを使う量が増えてしまい、
基本の水分補給、つまりはクリーム以前の保湿がおろそかになる傾向があります。

 

スキンケアの基本である
水分の多い化粧水や美容液から、徐々に油性成分の多いクリームをつけてゆくステッ
プを
しっかりと守りましょう。

 

この順番を間違えて、
先にクリームを塗って化粧水や美容液をつけたとしても
油性成分が邪魔をして、水性成分が浸透できなくなってしまいますのでご注意を。

 
 
 
 
 

この記事を読んだ人はこんな商品を見ています

エムズコスメ ニューピュアフコイダンお試しセット.jpg

【乾燥肌対策なら】エムズコスメ ニューピュアフコイダンお試しセット

本来の肌へ導く、フコイダンの原液美容。
まずは、7日間お試しください。

内容:高濃度原液美容液1ml×7包+濃密保湿クリーム3g×1個

  • 詳細を見る
エムズコスメ マッサージオイル.jpg

エムズコスメ マッサージオイル

エムズコスメの美容オイル!

年齢に伴う肌の変化に、アンチエイジング効果を。優れた保湿効果、内側の流れをよくしてマッサージによる効果をより高めてくれます。

  • 詳細を見る
エムズコスメ ニューピュアフコイダン1ヵ月セット.jpg

エムズコスメ ニューピュアフコイダン1ヵ月セット

ニューピュアフコイダン美容液2本+クリーム1個の1ヵ月セット。
うるおいを満たして、閉じ込める。フコイダンの原液美容を最大限に肌で実感頂けます。

  • 詳細を見る

 

カテゴリ| 20代30代40代50代むくみダイエットマタニティ温活

カテゴリ一覧

  • スキンケア
  • ダイエット
  • 年代別
  • 肌タイプ
  • マタニティ
  • 高橋ミカ美容法
  • プロフェッショナル対談

人気ブランド

  • モバイル専用サイト
  • キレイをつくる髙橋ミカのプライベートサロン:ミッシィボーテ