美容向上委員会トップへ

残暑から秋にかけての肌は【乾燥】要注意!

2015/09/18


 

残暑から秋にかけての時期は、実は夏よりも乾燥しやすい!

 

これから冬に向けて、気温・湿度がどんどん下がっていきます。
それに伴って、身体も徐々に変化していきます。
身体の熱を逃がさないように血管が収縮されて、栄養を蓄えようとするので代謝も悪くなり、
その結果、乾燥や肌荒れ、ニキビなどのさまざまな肌トラブルにも影響してきます。

 

肌悩み.jpg

乾燥した肌は、しわになる原因

 

肌が乾燥するのは油分ではなく水分が不足するためで
洗顔後は化粧水などでたっぷりと水分を補給して、乾燥肌対策のために
丁寧な保湿スキンケアを心がけましょう。

 

洗顔は、さっぱりとした洗い上がりのものでは、
乾燥を促進させてしまう場合もあるので要注意です。

洗顔泡.jpg

 

1)キメの細かいたっぷりの泡で洗う
2)肌の温度に近い水温で洗い流す
3)水気はタオルで押さえるように拭き取る

 

忙しいとついついシャワーだけになりがちですが、
その時も注意が必要です!
洗顔時に、シャワーの水を直接、顔に浴びるのは肌への負担が強いので
手の平で水をすくって優しく洗い流しましょう。

 

顔を拭く時も、けっしてこすらずに優しくタオルを押し当てて
水気を拭き取りましょう。

 

 

肌を乾燥させない保湿テクニック

 

乾燥した空気や暖房でカサカサ乾燥気味のお肌には、
水分をたっぷりと補給する乾燥肌対策をしましょう!

 

特にオススメなのが、「美容液を3回与える」方法です。

やり方はとっても簡単!
洗顔→美容液→(浸透タイム)→美容液→(浸透タイム)→美容液を行うだけ。

一度にたっぷりと塗るのではなく、
こまめに分けることによって、より深く美容液が肌に浸透しやすくなる
効果があります。

しかし、肌に水分を与えても、その水分は汗と共に蒸発をしてしまうので
肌に水分を留めなければなりません。

 

しっかり膜を張ることがで肌の中の水分は蒸発せずに
留まることができます。

ですので、肌に十分に美容液がいきわたったら、
クリームでしっかりと潤いに蓋をすることを忘れずに。

クリームやオイルなどの油分は、
肌の表面をバリアのように覆ってくれて
肌の外へ潤いが逃げていかないよう閉じ込めてくれる役割があります。

 

顔保湿.jpg


そして、秋から冬場は適度な湿度も肌には必要なので、
部屋やデスク周りに加湿器など置いて乾燥肌対策をしましょう。

 

 

また、家にいる時や外出時など
状況に合わせて保湿剤やクリームを使い分けるというのも便利です。

 

自分の肌に合った乾燥肌対策を知って、
本格的な乾燥の冬が始まるまで肌の状態をしっかりと備えていきましょう。

 
 
 

この記事を読んだ人はこんな商品を見ています

エムズコスメ ニューピュアフコイダン美容液.jpg

【乾燥肌対策なら】エムズコスメ ニューピュアフコイダン美容液

褐藻エキス(フコイダン)を98.5%以上も配合の高濃度原液美容液。

フコイダンの本来の肌へ導く力をあなたのお肌で実感してください。

  • 詳細を見る
エムズコスメ ニューピュアフコイダンクリーム.jpg

【乾燥肌対策なら】エムズコスメ ニューピュアフコイダンクリーム

フコイダンだけでなく、フコキサンチン、卵殻膜抽出物と贅沢な美肌成分を閉じ込めた濃密保湿クリーム。
お肌本来の力を呼び覚まし、あの頃の肌へ導きます。

  • 詳細を見る
エムズコスメ マッサージオイル.jpg

エムズコスメ マッサージオイル

エムズコスメの美容オイル!

年齢に伴う肌の変化に、アンチエイジング効果を。優れた保湿効果、内側の流れをよくしてマッサージによる効果をより高めてくれます。

  • 詳細を見る

 

カテゴリ| 20代30代40代50代むくみダイエットマタニティ温活

カテゴリ一覧

  • スキンケア
  • ダイエット
  • 年代別
  • 肌タイプ
  • マタニティ
  • 高橋ミカ美容法
  • プロフェッショナル対談

人気ブランド

  • モバイル専用サイト
  • キレイをつくる髙橋ミカのプライベートサロン:ミッシィボーテ