美容向上委員会トップへ

妊娠しやすい体作りの為に『温活』をしよう

2015/08/17


妊婦2.jpg

 

●妊娠に理想的な体とは

 

それは、冷えない体です。

妊娠しやすい体を作る為に必要な事は、『冷え』を取ること。
受精卵が着床しやすいように子宮内の環境を整えてくれるプロゲステロン(黄体ホルモン)は
体の冷えによって分泌が減少してしまう危険があります。

特にお腹周りや腰の冷えは、
子宮や卵巣の働きに支障をもたらしてしまうので
常日頃から温めてあげる必要があります。

 

 

●『温活』ってなに?

 

『温活』とは、体を温めるために色々な活動をすることを意味します。
体をしっかり温めることで、妊娠しやすい体に近づけることができるのです。

 

ご自分の基礎体温はご存知でしょうか?

任活中の方は、基礎体温をつけていると思いますが
朝の体温が36℃以下の人は、『冷え』の状態にあるんです。

体が冷えているということは、体全体の血液の流れが悪いということ。

血流が悪いと、卵巣の機能低下やプロゲステロンの分泌不良など
妊娠に悪い影響を与えてしまいます。

 

自然妊娠ができる理想的な体を作るためには、
血行不良の改善や、ホルモンバランスを整えることが必要です。

 

 


●『冷え』を解消をする方法

 

食事・・・飲み物は、常温または温かい飲み物
     生野菜よりも温野菜
     体を温める食材(しょうがやねぎなど)を積極的に摂取する
     体を冷やすような食材の大量摂取を避ける

 

運動・・・基礎代謝を上げる役割である「筋肉」を刺激する運動をする
     ストレッチも血行改善には効果的
     無理しない程度に継続して行うとよい

 

入浴・・・シャワーよりも適温(38~40度くらい)の湯船にゆっくり浸かる
     足湯も効果的

 

服装・・・体の中枢を温めるように心がける
骨盤周りを保温できる腹巻きがおすすめ(締め付けないこと)
     体を冷やすような露出の多い格好を控える

 

室温・・・過剰な冷房暖房は控える
     室内と外気温の差は5℃程度までにとどめる

 

 

 

 

『冷え』に良いと言われる栄養素は、
たんぱく質や鉄分、ビタミンC、E、ビタミンB群です。

 

また、体の隅々まで酸素を行きわたらせ、血行を良くすることも大切です。

 

妊娠しやすい体作りの為に必要な事は、
栄養バランスの良い食事と冷え性の解消、そして適度な運動です。

 

常日頃から気にかけてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな商品を見ています

シルク腹巻.jpg

シルク腹巻

シルク×コットンにより保湿性・保温性・吸湿性・吸水性・速乾性に優れているので
冬だけでなく1年通して着用していただけます。伸縮性がとてもあるので妊婦さんにも大人気!

  • 詳細を見る
美力青汁healthy.jpg

美力青汁healthy

大人気の高橋ミカ プロデュース『美力青汁』が美味しさはそのままに、栄養価をアップ!
栄養機能食品(葉酸)になり、お求めやすい価格にリニューアル!!

  • 詳細を見る
エムズコスメ マッサージオイル.jpg

エムズコスメ マッサージオイル

いつまでも美しい肌でいたいから--年齢に伴う肌の変化に、アンチエイジング効果を。優れた保湿効果、内側の流れをよくしてマッサージによる効果をより高めてくれます。

  • 詳細を見る

 

カテゴリ| 20代30代40代50代むくみダイエットマタニティ温活

カテゴリ一覧

  • スキンケア
  • ダイエット
  • 年代別
  • 肌タイプ
  • マタニティ
  • 高橋ミカ美容法
  • プロフェッショナル対談

人気ブランド

  • モバイル専用サイト
  • キレイをつくる髙橋ミカのプライベートサロン:ミッシィボーテ