美容向上委員会トップへ

日焼け止めのSPFとPAの違いとは?!

2017/04/20


4月から5月のかけて増えていく

紫外線A波】の量!

 

1年で最も【紫外線A波】が強いのは5月。

 

紫外線A波】は

紫外線B波】のように浴びてすぐに肌が赤くなったりと

目に見える変化は一見ないように思えます。

 

しかし、

実は恐ろしいのは【紫外線A波】!

 

肌にじわじわと影響を与え、

シミやシワをはじめ、老化の大きな原因となります。

 

波紫外線A波・B

 

その【紫外線A波】を防ぐにはどうしたらいいか・・・

 
日焼け止めを見ると必ず書かれている
 
SPFPA
 
これに注目です!
 
 
◆SPFとは
 
7、8月に最も強くなる【紫外線B波】、
いわゆる「日焼け」を防ぐには
【SPF】 が必要になります。
 
赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を
何倍にのばせるかの目安がSPFです。

例えば
25分で肌が赤くなる普通肌の人が
SPF24のUVケア化粧品を使う場合、

25分×SPF24=600分=10時間

塗らなかった時の
約24倍の時間(約10時間程度)、
肌が赤くなることを防ぐという目安になります。
 
◆PAとは
 
4月から5月にかけて、5月にはピークに達する
 【紫外線A波】を防ぐには
PA】が必要になります。
 
紫外線A波から防御して、肌が黒くなるのを防ぐ働きがあります。
 
PA】には4段階あり
+
++
+++
++++
で強さを表します。
 
紫外線A波から防御して肌が
黒くなるのを防ぐという意味です。
PAは4段階。


【PA+〜PA++】
ごみ捨てやちょっとした買い物、
洗濯物を干す時

【PA++〜PA+++】
スポーツや通勤、散歩などにより
屋外で1〜2時間過ごす時

【PA+++〜PA++++】
晴天の日に長時間、屋外でスポーツや
レジャーなどを楽しむ時
 
日焼け止め
 
 
このように、SPFにもPAにも段階があり、
使うシーンによって使い分けるのもOK。
 

少なからず日焼け止めは肌に負担をかけてしまうので

日焼け止め選びは慎重にしましょう。

 

SPF・PAが高いと刺激は強いですが

最近では数値は高いけれど、低刺激に作られているものもあります。

 

紫外線は老化を加速させる大きな要因!

 

肌に負担が・・・と言って紫外線対策を怠ってしまうと

数ヵ月後、数年後に老け込んでしまった・・・

なんてこともあるので

しっかり日焼け止めや化粧下地、BBクリームなど

SPF/PAの入ったものを選んで使ってみてください。

BBクリーム

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな商品を見ています

エムズコスメ ニューピュアフコイダン美容液BBクリーム.jpg

エムズコスメ ニューピュアフコイダン美容液BBクリーム

光老化に負けない。毛穴、しみ、くすみこれ一本で!
フコイダンである保湿成分を配合でエステ肌のようなツヤ感・ハリ感・潤いを!
SPF50+/PA+++

  • 詳細を見る
エムズコスメ ニューピュアフコイダン お試しセット.jpg

エムズコスメ ニューピュアフコイダン お試しセット

本来の肌へ導く、フコイダンの原液美容。
まずは、7日間お試しください。
内容:高濃度原液美容液1ml×7包+濃密保湿クリーム3g×1個

  • 詳細を見る
スーパーフードスムージー.jpg

スーパーフードスムージー

厳選した高栄養価のスーパーフード10種類をたっぷり配合、
さらに112種のスーパーフルーツや野菜由来の酵素に
ビタミン・ミネラルをプラス。
ダイエットサポートをはじめ、美容、健康をトータルケアします。

  • 詳細を見る

 

カテゴリ| 20代30代40代50代むくみダイエットマタニティ温活

カテゴリ一覧

  • スキンケア
  • ダイエット
  • 年代別
  • 肌タイプ
  • マタニティ
  • 高橋ミカ美容法
  • プロフェッショナル対談

人気ブランド

  • モバイル専用サイト
  • キレイをつくる髙橋ミカのプライベートサロン:ミッシィボーテ